今週のお知らせ:10月16日(月)~22日(日)


先々週から先週にかけては天神さんの古本まつりでした。

来て下さった皆様ありがとうございました。

天神さんの古本まつりの参加は今年で4回目。今年は初日が雨で2日目もほとんど雨で、おそらくそのせいで売上げ的には過去最低くらいによくなかったけれど、主観的な楽しさとしては過去最高でした。

いろいろ楽しいことがありましたが、一番は知人が毎日一人以上は来てくれたことでした。

以前は知人が来てくれなかったというのではなくて、以前はそもそも知人がいませんでした。

去年くらいから古書組合の中の人たちだけでなく、積極的に外の人たちとも関わっていこうとして来て、ようやく、友達というほどのことはないにしても知人とは言ってもいいよね? くらいの付き合いの方々が増えて来ました。

2日目が終わった時点で、来てくれそうな知人はすでにみんな来てくれたように思って、3日目からは誰も来てくれなくてさみしくなるかもといったツイートをしたけれど、結局3日目からも毎日誰かしら来てくれたのでした。

嬉しかったです。ありがとうございます。

友達が少ないというかいないので、ちょっとでも関わりのある人が来てくれるとすごい喜んじゃうんです。こういうの、友達が多い人には分からない感覚じゃないかと思うのだけれど、どうなんでしょう。

今週は17日(火)・18日(水)に、一泊二日で石川県金沢市の方に行きます。全国古書籍商業協同組合の秋季役員会という会議に出るため。

めったに金沢とか行けないと思うので、多少観光もしたいけれど、予定的にほとんどどこにも行けなさそうなのが残念。

今週のお知らせと言っても、今週は特にイベントとかに出る予定はありません。来週末は、えのこdeマルシェと、桂ヴィレッジ一箱古本市がありますので、それはまた来週お知らせいたします。

寸心堂は出ませんが、関西学院大学の生協祭に古本屋ブースが出ますので、告知しておきます。

古書キリコさんと高山文庫さんが出ているのは間違いないはずです。あともう一軒くらい出ていると思うのですが、詳細を聞きそびれてしまいました(三鈴さんかなぁ?)。

生協祭の詳細は関西学院大学生活協同組合のホームページをご覧下さい。
http://www.kgcoop.jp/news_3/news_detail_155.html

生協祭

  • 【日程】10月17日(火)から19日(木)
  • 【時間】10時から16時 ※最終日は15時半まで
  • 【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス学生会館前プラザ

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:10月9日(月)~15日(日)


先週から四天王寺で「四天王寺秋の大古本祭り」と、大阪天満宮で「天神さんの古本まつり」が続いております。

四天王寺さんの方は11日(水)まで。天神さんの方は10日(火)までとなっております。

どちらも初日、2日目までは雨にたたられて、テントの外の売台のシートが完全に開いたのは3日目の8日(日)からでした。

雨の中では補充することもままならず、棚が空いていてもなかなか持って行っていた補充分の本を出すこともかないませんでした。

晴れた3日目以降は、各店頑張って補充していたと思います。

初日、2日目までに来られた熱心なお客様におかれましては、今一度足を運んで頂けたらなぁ! と熱望しているような次第であります。

あと、すでにどちらか一方は行ったけれど、もう一方はまだだというお客様。ぜひ、もう一方の方にも行って下さい! どちらも同じくらい楽しいはずですので、よろしくお願いします。

寸心堂の中の人は、四天王寺さんの最終日にお邪魔する予定です。普通にただのお客として。好みの本残ってますように。

今月は古書の日を含む古書月間ということで、大阪古書組合では毎年10月に古書の日のイベントを催しております。

今年は「古本大学講座『古書組合の市場ってどんなん?』」というものを、大阪古書会館にて行います。

詳細は下の画像ファイルおよび、大阪古書組合のホームページでご覧下さい。

http://www.osaka-kosho.net/course/1230/

登壇予定古書店として寸心堂書店の名前が挙がってますが、嘘です。トークショー等には登壇しません。

当日は受付の他、写真係をやっております。カメラ首から提げて会場をうろうろしている怪しいやつが寸心堂の中の人です。イベント終了後にでも声かけて下さい。

それでは今週もどうぞよろしくお願いします。

第17回四天王寺秋の大古本祭り

  • 日程:10月6日(金)~11日(水)
  • 時間:10時~17時 ※最終日は16時まで
  • 場所:四天王寺境内

天神さんの古本まつり

  • 日程:10月6日(金)~10日(火)
  • 時間:10時~17時 ※最終日は16時まで
  • 場所:大阪天満宮境内

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:10月2日(月)~8日(日)

みなさん「古書の日」という記念日が存在しているのをご存知でしょうか? 僕は古書組合に入るまで知りませんでした。

その古書の日ですが、今週やって来ます。10月4日が古書の日です。

そして10月はまるまる古書月間ということだそうです。

これらは全部、全古書連が考えて仕掛けたようですが、どうなんでしょうか。浸透しているんでしょうか。よく分かりませんけれど。

しかし、全国いろいろな古書組合が、このタイミングに合わせて古書のイベントをやっているのは確かです。

そして大阪古書組合では、この期間に大イベントを3つやります。

「四天王寺秋の大古本祭り」「天神さんの古本まつり」、そして「古本大学講座」です。

古本大学講座についてはまた来週告知しようと思います。

他の2つは今週、10月6日(金)から同時に始まります。


まず、四天王寺秋の大古本祭りは、四天王寺さんの境内で行われます。

僕は今は交野市民ですがある時期までは堺市民でしたので、ずっと古本祭りといえば四天王寺さんでという印象でした。

なので、四天王寺さんでの古本祭り出てみたいんですけどねぇ。しかしまあ、当分出られなさそうです。ちなみに、過去に一度だけ出ております。楽しかったです。


続いて、天神さんの古本まつりは、大阪天満宮境内で行われます。

大阪の古書組合が関わっている古本即売会は、ここのところどこも若干縮小傾向にありましたが、今年の天神さんの古本まつりは昨年よりも売り場面積が拡大いたします。

このご時世に、頑張っております。

あとはお客さんがたくさん来て下さるのを待つばかりです。よろしくお願いします。

下の写真は去年の寸心堂ブースです。矢野書房さんとニコイチでした。今年も矢野書房さんと組ませて頂いております。


去年は上の写真プラス、テントの外に200円均一の台を2台出しておりました。すべて文庫で。

今年も同じように、テントの外に均一台を2台出します。今年は150円均一で。安くなりました。

安くなりました分、たくさんお買い上げ頂けたら嬉しいです。

たにまち月いち古書即売会でおなじみの文藝同人誌コーナーも、天神さんの古本まつりでも設けます。

アレ★Clubさんの『アレ』Vol.1、Vol.2。Landscape Plusさんの『PRANK!』Vol.4。あと、新たに今田ずんばあらずさんの『イリエの情景』全3巻が並ぶ予定です。

評論系が続いておりましたが、今度はがっつり小説です。


今田さんあちこちの即売会に出られてますが、関西は次は来年の1月の文フリ京都まで無いと思いますので、関西方面の方はうちで手に取ってみて下さい。立ち読み用の本各1冊置いておきますので、心置きなく立ち読みして下さい。立ち読みの基本「あとがきから読む」をして下さると、「あ、これは買わなきゃ!」ってなるかも(あとがきに作者の思いが詰まっております)。よろしくお願いします。

あと今週は、大阪ではたらればさんの守口ブックバンドや、BOOKs240さんの昭和な古本市などあります。アセンス針中野の古本屋さんまつりは、すでに始まってますね。

京都では元・立誠小学校でもレコードや古本のイベントが。

古本絡みのイベント、盛り沢山ですねー。

さすが古書月間! というわけで。

どこかお近くのイベントに、ぜひお立ち寄り下さいませ。

第17回四天王寺秋の大古本祭り

  • 日程:10月6日(金)~11日(水)
  • 時間:10時~17時 ※最終日は16時まで
  • 場所:四天王寺境内

天神さんの古本まつり

  • 日程:10月6日(金)~10日(火)
  • 時間:10時~17時 ※最終日は16時まで
  • 場所:大阪天満宮境内

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

みつばち古書部店番日の顛末:2017年9月22日(金)

2017年9月22日金曜日、みつばち古書部のはじめての店番の日でした。

朝、この日は一日雨だと分かった瞬間、「ああ、これは切ない一日になるかもしれないな」と覚悟しました。

でも逆に、あまりお客さんが来てくれなかったとしても、「店番が自分だからじゃない。雨のせいだから!」と言い訳できるなぁと思ったりもしました。

そんな風に若干不安な気持ちを抱えて店番に向かいお店を開けましたが、いざ始まってみると、もう一日ずっと楽しかったです。

こんな楽しくていいのかな!? っていうくらいでした。

「おすすめの外国文学プレゼント企画」なんていうのを一応告知しましたが、正直、この企画に乗って遊んでくれる人なんて現れないかもしれないなと思ってました。

それでも、いざそういう人が現れた時にはいろんなタイプの方に対応できるようにと、この企画用の本だけで40冊くらい用意して臨みました。

これだけ準備して臨んで結局一日まったく声をかけてもらえなかったら、売上げがどんなだったとしても、多少(あるいはものすごく)切ない気持ちになっていたかもしれない。

ところが、お店を開けてからそう時間が経ってない頃に、この企画を知っている方が現れてくれたのでした! テンション上がりました!

そして、結局この日四人の方がこの企画のお相手をして下さいました。

ものすごく嬉しかったです。ありがとうございました。

他にもいろいろ楽しいことがありました。

阪神では『愚者の船』を、中之島では『乱視読者の英米短篇講義』を買って下さっていたらしい、枚方(!)の方といろいろお話しできたのも嬉しかったです。

そのとき話題に出ました『アーダ』ですが、その後買いましたよ!

キンモクセイ文庫さんが外国文学プレゼント企画に付き合って下さったのも嬉しかったです。あと、キンモクセイさんがいる時にいた他のお客さんが「田辺聖子」と言った瞬間のキンモクセイさんのキランとした目を見られたのが面白かったです。

僕最近、田辺聖子さんの古典エッセイもの集めてます!

谷川俊太郎の詩集を買ったうえで、外国文学プレゼント企画の存在を知っていた方には、ボルヘスの『詩という仕事について』をおすすめしました。この方が、お店のこと(「お店しないんですか?」と)聞いて下さいました。

この日の店番がものすごく楽しかったので、やっぱりお店やりたいです! はんのきさんみたいなスタイルでやるということで、一緒にやれる方と、あといい感じのロケーションを探してます!

大学の講義が五限まであるから行けないと言っていたにゃんこさんが、閉店間際に駆け込んで来てくれたのも嬉しかったです。わざわざ僕が店番だからって来てくれるって、ありがたすぎます。

今後ともよろしくお願いします。

にゃんこさんは外国文学プレゼント企画について何も言ってくれなかったけど(笑) こっちから押し付けました。「外国文学は読まないんですか?」とか言って。受け取って頂いてありがとうございます。「オメラスから歩み去る人々」だけでもいいので、読んでみて下さい。

というようなわけで、たいへん楽しい一日でした。

それもすべて、来て下さった皆様のおかげです。ありがとうございました。

次は11月2日(木)になります。

また平日なので、お客さんの数は少ないかもしれません。ですので、数少ない寸心堂書店が嫌いでないアナタ、有給取ってまでとは言いません、多分また19時までやると思うので、仕事帰りにでも寸心堂に会いに来て下さい。

お待ちしております!

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:9月18日(月)~24日(日)


今週いよいよ、みつばち古書部の店番の日がやってきます。

9月22日金曜日です。

場所は地下鉄谷町線の文の里駅を降りたらすぐ。文の里商店街の中。

みつばち古書部についての詳しいことは↓コチラをご覧下さい。

みつばち古書部HP

当日は、「寸心堂といえば外国文学」ということで、僕に「ブログ見ました(あるいはツイッター見ました)何かおすすめの外国文学はありませんか?」と聞いて下さった方に、おすすめの本を一冊プレゼントいたします。

何の本をプレゼントするかは、その時の会話次第ということで。

一応、先着10名という上限を設けておきます。

それでは、どうぞひやかしに来て下さい。お待ちしております。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村