「文芸同人誌展示即売会@天満天神さん」ご参加頂けるサークル様を募集しています!

文芸同人誌の展示即売会を、この秋、大阪天満宮にて開催いたします!

会期は10月5日(金)~10月9日(火)までで、「天神さんの古本まつり」会場の一角(寸心堂書店が出店しているテント内)にて行います。

つきましては、ご参加頂けるサークル様を募集しています。

イベントのイメージとしましては、テント内の売台(テーブル)一台か二台に委託して頂いた同人誌(の見本誌)を、すべてずらっと面陳(平置きか本を立てるかして)します。文学フリマの見本誌コーナーのような感じでしょうか。

お客様には、そこで自由に試し読みして頂いて、欲しい同人誌があればレジの方に声をかけて頂いて、そこで販売用の同人誌をお渡しすることになります。

テント内には、座って読める休憩場所のようなものも設けておく予定です。

会期中には、参加サークル様や出品して頂いた同人誌の紹介文を載せた簡易なチラシを配布したり、同じものを当ブログでも紹介したりしたいと思っております。各サークルさんが作っているチラシがありましたら、そちらも会場で配布させて頂きます。

1つのサークル様につき、1誌から5誌までご応募頂けます。お預かりできる冊数については、1誌あたり5冊までとさせて頂きます。1誌あたり500円の参加料を頂くことになりますが、売上については100%の掛け率でお支払いさせて頂きます。

まず、ご応募が上限40誌に達するまで募集いたします。好評なようであれば、枠を広げる可能性がございます(最大80誌まで)。

主に関西圏で文芸同人誌活動をしておられる皆様! ふるってご応募ください!

手前味噌ですがまあまあ盛り上がる古本即売会会場で、文芸同人誌がずらっと並ぶ姿はなかなか壮観ではないかなと想像しております。そのためには同人活動をしておられる皆様のご協力が欠かせません。ぜひよろしくお願いします。

もちろん関西以外のサークル様でも、大歓迎いたしております。

ご参加頂ける場合の流れについて

申し込みまで
この記事の下部のメール・フォームにて、仮申し込みをお願いします。

応募数が40誌未満のうちに仮申し込み頂いた分については、自動的に参加して頂ける流れになるはずです。

ご参加頂けることが決まりましたら、「委託契約書」と「委託物納品書」を書いて頂くことになります。

納品方法
書類の提出方法と委託物の納品方法ですが、「第六回文学フリマ大阪(9月9日(日))」の会場での受け渡しが可能です。というか、この方法を推奨いたします。

そのために、第六回文学フリマ大阪に、寸心堂書店としてブースを出しております。K-09、K-10で、企業系ブースのある辺りです。こちらで、書類を取り交わしたり、納品物を受け取ったりという手続きをしたいと思っております。

大阪文フリにも参加されるサークル様は、ぜひこの方法をご利用下さい。

大阪文フリに参加されないサークル様で、他の方法を取られたい場合には個別に対応いたします。書類はネットでも郵送でも構いませんし、同人誌についても宅配便などで受け取りさせて頂きます。

イベント当日まで
イベント当日より1、2週間前までに、サークル様の自己紹介文や、出品する本の書影やコメントなどをお願いすることになると思いますので、その点よろしくお願いします。それにもとづきまして、イベントで配布するチラシを作ったり、ブログで紹介させて頂いたりする予定です。

イベント会期中は、とくに売り子やお店番をしないといけないということはございませんが、会場をひやかしに来て頂けたら嬉しいです。

イベント終了後
イベント終了後の納品物や売上げ金の受け渡し方法は、直接引き取りに来て頂く方法と、それ以外の方法がございます。

直接引き取りの場合は、「天神さんの古本まつり」の最終日に来て頂く方法と、その日は寸心堂がお預かりして大阪古書会館の方まで引き上げまして、その後の「たにまち月いち古書即売会」などのイベントの時に引き取りに来て頂く方法を考えております。

大阪古書会館は、大阪市中央区粉川町4-1、大阪メトロ谷町線谷町四丁目と六丁目の間くらいにあります。

それ以外の方法では、同人誌は宅配便でお送りします。売上げ金は振り込みなどで対応いたします。

その他詳細は、「委託契約書」に付属している「注意事項」をご覧下さい。

仮申し込みメール・フォーム

すべての項目が記入必須の項目となります。

仮申し込みを送信して頂いた後、自動応答のメールが届きますのでご確認ください。自動応答のメールが届かないようでしたら、再度記入・送信して下さい。それでもうまくいかないようでしたら、メールでもツイッターでも何でもいいので、他の方法で寸心堂までご連絡ください。
e-mail: sunshindo@gmail.com
twitter: @sunshindo

仮申し込み後にキャンセルすることになっても大丈夫です。その場合は、ぜひご一報ください。

いただいたお問い合わせについて、このページの下部にて、Q&A形式でお答えしていますので、仮申し込み前に参考にして下さい。他に質問がございましたら、上のメアドやツイッターにて、お気軽にご質問下さい。

それではよろしくお願いします。
たくさんのご応募をお待ちしております!

いくつかお問い合わせを頂きましたので、Q&A形式で掲載しておきます。お問い合わせの内容は、適宜要約させて頂いております。

Q&A

Q.
ジャンルの縛りはありますか? 百合ジャンルでも大丈夫ですか?

A.
ジャンルの縛りはありません。多様な同人誌が集まればいいなと思っています。個人的な好みを言うと、百合ジャンルは好みなので、是非参加して頂きたいです。

Q.
複数の同人誌を出品したいけれど、同人誌によってサークル名義が異なっています。サークル名義ごとに複数の書類を出さないといけませんか?

A.
代表者が同じであれば、複数のサークル名義の同人誌を一回の申し込み(一つの書類)で済ませて頂けるようにしたいと思っています。仮申し込みでは、メールフォームの「サークル名」のところに複数のサークル名を記入しておいて下さい。

後日、やっぱり書類は複数作って下さいということになってしまいましたら、ご面倒をおかけしますがお許し下さい。

今週のお知らせ:8月13日(月)~8月19日(日)

今週はたにまち月いち古書即売会があります!

たにまち月いち古書即売会

先週から今週にかけて、阪神夏の古書ノ市と下鴨納涼古本まつりが開催されていますが、今週はたにまち月いち古書即売会が始まります。

8月17日(金)から19日(日)までの3日間、大阪古書会館にて。

毎日10時から18時まで、最終日は16時まで。

大阪古書会館は、大阪メトロ谷町四丁目と谷町六丁目のちょうど間くらいにあります。

阪神が終わるのが14日(火)で、谷町月一の設営が16日(木)ということなので、阪神から戻ってきた本をそのまま並べます! というのも、阪神用に準備した本が全部は阪神に並んでいないので、この機会にいったん全部並べてみたい、ということがあるからです。

阪神の終わり頃に来て下さった方には、お楽しみがもう一つかもしれませんが、たにまちはたにまちで、またよろしくお願いします。

文芸同人誌展示即売会@天満天神さん

もう一つ、文芸同人誌展示即売会@天満天神さんの告知を開始しましたので、こちらの方もぜひよろしくお願いします。

「文芸同人誌展示即売会@天満天神さん」ご参加頂けるサークル様を募集しています!

天神さんの古本まつり(10月5日(金)~9日(火))で、文芸同人誌の展示即売会をやります。

寸心堂として文フリ大阪(9月9日(日))に出て、そこで告知や受付や同人誌の受け取りなど行います。

文芸同人サークルをやっている皆様、ぜひよろしくお願いします。


写真は阪神夏の古書ノ市での同人誌コーナーです。こういう感じで、天神さんの古本まつりで、40誌くらいずらっと並べたいと思ってますので、たくさんのサークルさんのご参加をお待ちしてます!

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:8月6日(月)~8月12日(日)

今週は阪神夏の古書ノ市と下鴨納涼古本まつりが始まります!

8月8日(水)から、阪神夏の古書ノ市が始まります。寸心堂も出させて頂いております。

新しくなった阪神百貨店の8階催場にて。

8月8日(水)から8月14日(火)まで。毎日10時から20時までで、最終日のみ16時まで。

ツイッターでは「阪神・準備・ヤバイ」でおなじみの寸心堂ですが、結果は今までで一番いい準備ができたような気がしてます。

扱う本のジャンルに偏りがあるので、どうしたってお客さんを選んでしまうかもしれませんが、せっかくなので、寸心堂が扱うジャンルの本も、よかったらちらっと見ていって下さい。

興味はあるけれど、何を手に取ったらいいか分からないという方は、寸心堂を見かけたら声かけて下さい。その場のやりとりであなただけの選書をいたします!

ゆーて、自分が好きなの押しつけるだけかも。

8月11日(土)から8月16日(木)までは、下鴨納涼古本まつりです。

京都は下鴨神社の糺の森にて。毎日10時から17時半までで、最終日のみ16時まで。

下鴨行きたい。でも、阪神中だし、8月17日(金)からはたにまち月いち古書即売会だし、行ける気がしない。残念。

あともう一つ、8月10日(金)に奈良にオープンする「Naramachi BookSpace ふうせんかずら」さんで、一棚選書させて頂きました。

90センチ×6段か7段くらいの棚一本が、寸心堂の選書になっています。本を選んだだけでなく、ディスプレイもしてきました。

ふうせんかずらさんは、コンセプトとシステムが面白いブックショップです。無人店舗です。支払いは各種カードを使います。僕は本を置かせて頂いてますが、システムはよく理解できません! 詳細は、ふうせんかずらさんのホームページを見て下さい。

そして、メンバー登録して頂きまして、奈良に行った時には、ぜひお立ち寄り下さい。賑やかな通りからはちょっと外れてますが、そんなに遠くはないです。

今週の告知は、これにておしまい。

先週はみつばち古書部ツーデイズ含め、いろいろなことがあったので振り返りたかったのですが、今日のところは告知も多いし、この辺でやめておきます。

暇ができたら振り返ってまとめたいくらい、楽しい一週間でした。お世話になった皆様、ありがとうございました。本当に感謝しております。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:7月30日(月)~8月5日(日)

火曜、水曜、みつばち古書部当番2daysです!


今週は平日の7月31日(火)、8月1日(水)の二日連続で、みつばち古書部のお店番をします。

営業時間は、

7月31日(火)は、12時から21時まで
8月1日(水)は、11時から19時まで

の予定です。

一日目の夜には、花火大会(※線香花火で)があるかもしれません。諸般の事情で花火が出来なかったとしても、この日は火星が大接近する日らしいので、みんなで夜空を見上げましょう。

二日目は、お祭りの後の静けさという感じで、たんたんと営業していることと思います。

両日とも、寸心堂は一週間後くらいに控えている阪神百貨店での即売会の準備が相当間に合っていないため、内職をしながらお店番しているであろうことを、あらかじめ謝罪しておきます。どうもすみません。

内職の内容としては、値付け前の本を大量に持ち込んで、その場で本に値札のスリップを挟んでいることと思います。なかなか珍しいシーンが見られるかもしれないので、それはそれで、よかったら見に来て下さい。

値付けほやほや、あるいは値付け前の本で欲しいものがありましたら、遠慮せずに「それちょうだい」と声かけて下さい。お譲りいたします。

花火以外の企画としては、ツイッターのフォロワー様限定、寸心堂の本に限り、1冊あたり100円引き(100円の本は50円引き)セールというのをやりたいと思います。 合い言葉は「ツイッターフォローしてます」で、お願いします。

200円の本なら5割引き! 3冊買うと300円引き、100冊買ったら1万円引き!

「どのアカウントの人ですか?」とか、探り入れたりしませんので、実はフォローしてないとか、フォローしてるけどミュートしてるとか、むしろブロックしてるとかいう方でも、「ツイッターフォローしてます」というだけで、100円引きです。寸心堂が当番のこの二日間限定セールですので、ぜひお越し下さい。

来週は8月8日(水)から、阪神夏の古書ノ市です。そちらもどうぞよろしくお願いします。ちょうどその期間中に、もう一つのニュースがあるんですが、いつ情報解禁していいのか分からないので、まだ秘密です。それもまた、よろしくお願いします。

実は阪神の準備とそれの準備がモロかぶりしていて、てんやわんやしております。誰か助けて下さい。

それでは、ひとまずみつばち古書部でお会いできたら嬉しいです。皆様よろしくお願いします。

※写真は、直近の文アルの召装10連引いた時のトホホな結果です。誰か慰めて下さい。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

今週のお知らせ:7月23日(月)~29日(日)


先週は猪名野神社の市とたにまち月いち古書即売会がありました。来て下さった皆様、ありがとうございました。

それにしても暑い毎日でしたね。これからも暑いんでしょうね。暑いときは家でゆっくり本でも読んで過ごすのがいいんじゃないでしょうか。そしてその本を買うために、暑い中古本屋に行きましょう。本末転倒か!

今週は、来週からのイベントに向けての準備ウィークになります。

来週以降、みつばち古書部二連チャン(7月31日(火)、8月1日(水))、阪神夏の古書ノ市(8月8日(水)~)、あともう一件なんかあります。まだ秘密です。

他に大阪の古本屋的には、年に一回の大きめの市があったり、寸心堂としては珍しく、数日かかりきりになりそうな買取案件があったりして、今週は表向き何にもありませんが、忙しさはひどいです。誰かにバイト頼みたいです。でも友達いません。困ったなぁ。

来週は、イベントの告知をします。

みつばち古書部、二日間連続で店番してますし、1日目の夜は21時まで、人が居てたらズルズル延長しますので、ぜひ来て下さい。お待ちしてます。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村