10月の大阪の古本スケジュール!!

大阪の10月といえば……、四天王寺と天満宮の古本まつりですよね!

天神さんの古本まつりチラシ表
天神さんの古本まつり

というわけで今年もやってきました、読書の秋、古本まつりのシーズンです。

そのうえ今年の大阪はなんと! 阪神百貨店での古本即売会もあります!

これで10月の古本スケジュールがどういうことになったかといいますと。

10月8日(金)から四天王寺秋の大古本まつり。これが10月12日(火)まで

そして、10月15日(金)から、大阪天満宮にて、天神さんの古本まつり。これが10月19日(火)まで

さらに、10月20日(水)から、梅田の阪神百貨店にて、秋の阪神古書フェア10月25日(月)まで

10月の31日のうち、16日も古本即売会やってます! 半分以上! 異常!

寸心堂書店は、天神さんの古本まつりと阪神古書フェアに出店します。

あと、四天王寺の初日に、古本横丁さんのところにバイトに入っているので、見かけたら声かけてね。あるいは、顔合わさないように逃げて!

天神さんの片付けをしたその日のうちに阪神の設営もしないといけないという、なかなかにやばい段取りです。天神さんの閉店頃に寸心堂ブースに知り合いがいたら、「片付け手伝ってちょうだい!」って声かけるかもしれないので、その際はなにとぞ、なにとぞ……。

というようなわけで、2021年10月も、どうぞよろしくお願いします!

2021年9月の「たにまち月いち古書即売会」

今週の週末は、大阪古本界隈毎月恒例の「たにまち月いち古書即売会」です。

天神さんの古本まつりチラシ

9月17日(金)から19日(日)の3日間です。

緊急事態宣言が延長されたために、今回も8月に続いて、緊急事態宣言発出中のイベントとなってしまいますが、地味に細々開催しております。

皆様、感染に気をつけたり、体調に気をつけたりしながら、もしよかったら、「たにまち月いち古書即売会」、遊びに来てください。

よろしくお願いします。

来月10月は、「四天王寺秋の大古本祭り」「天神さんの古本まつり」があります。

寸心堂は大阪古書研究会所属なので、「天神さんの古本まつり」の方に参加します。

8月からすでに天神さんに向けての本の準備をしてきました。

1冊300円だけど3冊買ったら500円(実質1冊200円未満!)、みたいなコーナーを作って、わりと太っ腹に「300円でも安いでしょ!?」という本をどんどこ用意してます。

あと、今年の(今年も?)天神さんの百均は、かなり面白い本が集まっているような気がします。

大阪古書研究会のメンバーみんなで、8月のめちゃめちゃ暑い日に2トン車ピストンで引き取ってきた本が現在倉庫に待機中です。

四天王寺さん共々、天神さんの古本まつりも、どうぞよろしくお願いします。

10月15日(金)から19日(火)まで、大阪天満宮境内にて。

第24回 天神さんの古本まつり(大阪古書研HP)

8月のイベント予定、谷町月一ひとつ!

8月は、たにまち月いち古書即売会しか参加の予定がありません。

たにまちチラシ
たにまち月いち古書即売会

そのたにまち月いち古書即売会は、8月20日(金)から22日(日)までの3日間です。大阪古書会館にて。

しかし! コロナの緊急事態宣言中かなと思われるので、開催されなくなるかもしれませんし、イベント自体は開催されても寸心堂が参加を取り止めているという可能性もありますので、その辺りはご承知おき頂けたらと思います。

一応、参加するつもりで粛々と準備はしていようかと思います。

8月の関西の古書イベントといえば、何より「下鴨納涼古本まつり」だと思われます。

こちらは、8月11日(水)から16日(月)までの6日間です。

野外の古本即売会イベントは、僕は四天王寺さんと天神さんしか参加の経験はないですが、物量的に準備は本当に大変なものです。

下鴨参加店の皆様はすでに相当準備をしていて、これが直前になって開催できないとなると、相当がっくりこられるだろうなと思われます。

その際は、個々の町の古本屋さんに是非本を買いに行って下さい!

というようなわけで、8月も古本屋さんをよろしくお願いします。

7月の谷町月一、阪神古書ノ市に来て下さった皆様、告知ツイートをいいねやRTなどして下さった皆様、ありがとうございました。

7月は中頃から末まで大忙しでした。

対外的に、谷町月一、阪神古書ノ市が続いた以外に、業界内的に、所属する市会の業者市が三つ続いてました。

支部市の北東北書会があり、大阪二世会の出品準備から設営から当日運営、同じように近代資料会も出品準備、設営、当日運営とあって、このところ稀にみる忙しさでした。

年々体力が無くなってきているのでキツキツでした。

8月はできるだけインドアな仕事をして過ごしたいと思ってます。

もし、8月の谷町月一がやれていたら、大阪古書会館までねぎらいに来て下さい! よろしくお願いします。

7月の参加イベント、谷町月一、阪神

7月は、たにまち月いち古書即売会と阪神古書ノ市に参加予定です!

たにまち月いち古書即売会

たにまち月いち古書即売会は7月16日(金)から18日(日)まで。

大阪古書会館にて。
大阪古書会館は大阪メトロ谷町四丁目か六丁目から歩いて5分くらいのところにあります。
谷町筋を一路西に入った通りにあります。

ほとんど毎月やっている古本即売会で、サイズ感もちょうどいい感じだし、出店している古本屋さんみんな、ここで新ネタを下ろしがちなので、手前味噌ですがいいイベントだと思います。本好きの皆さまにおかれましては、ときどき覗きに来て下さい!

近所には厚生書店さんや、ちょっと足を伸ばせば槇尾古書店さんや古書象々さんやtoi booksさんもありますし、時々は本屋巡りするためだけにでも谷町四丁目から堺筋本町辺りに出てくるのも、おつなものだと思いますよ!

阪神古書ノ市

梅田の阪神百貨店での古書ノ市は、7月21日(水)から27日(火)まで。
毎年お盆の時期にやっている阪神の夏の古書ノ市ですが、今年はこういう日程になっております。

谷町月一と日程がズレてはいるんですが、谷町月一で並べた本を阪神に持って行くということはできない日程なので、谷町月一用と阪神用と、まったく別個に本を準備することになります。

つまりこの十日間くらいの間のイベントのために、がっつりイベント2回分の本を用意しないといけません。大変!

なので皆さま、どっちも来て下さい!

お待ちしてます。よろしくお願いします。

売れない本の話「ノーベル賞文学全集」

 ノーベル賞文学全集という本があります。
 全集というくらいなので、一冊きりじゃなくて、全二十数巻には及ぶものです。
 全部は持っていないので、全何巻なのかは知りません。

ノーベル賞文学全集

 この本は、どれか一冊あれば寝るときの枕に困らないというような分厚い頑丈な作りの本です。
 そのうえ装画はピカソだし、編集顧問は川端康成というような大変立派な本です。
 いい夢が見られそうです(悪夢を見そうって気がしないでもないですけど)。

 しかし、こんな立派な本ですが、古本即売会で並べていても、まあ売れません。
 いまどき大きい重い本というのは流行りません。

 それに、よく知られているような作家の場合、この全集に収録されている作品はしばしば文庫で読めたりします。
 名前を見ても「誰やねん」という作家の場合は、この本でしか読めないかもしれないというような作品が収録されているような気がしますが、「誰やねん」という人の本を買おうという人はなかなかいません。
 そういうようなわけで、この大きい重い、置いていても邪魔になるような本を買おうという人は、なかなかいないということになります。

 しかし、この本にもいいところがあります。
 一つはカラー挿絵が入ってることなので、古本屋で見かけたら、とりあえずどんな挿絵が入っているかだけでも確認していただけたらと思います。

 この本の一番面白いところは、選考過程を知ることができることと、受賞者の受賞演説が読めることかなと思います。
 川端康成が受賞したとき、他にどんな日本人が候補に挙がっていたかというようなことが、選考過程を読めば書いてあります。
 誰が受賞したときでも、他にどんなライバルがいたのかということが、たいてい書いてあります。

 世の中には、芥川賞を受賞した作品を読むより選評を読む方が好きという倒錯した趣味の持ち主が少なからずいると思うんですが、そういう人にとっては選考過程というのはなかなか面白いかもしれません。

 あとやっぱり受賞演説です。

 この本があまりにも売れないようだったら、そのうち受賞演説のページだけ破って自分専用のスクラップブックを作ろうかと思ってます。
 実際そんなことしないで済むように、ぜひみなさん買ってください。

 言いたいこと(買ってね)は言ったので、この先はおまけです。

 ぼくのお気に入りの受賞演説を紹介しておしまいにします。
 カミュの受賞演説です。

「私が自分の芸術と作家の役割とについて抱いている理念」、「この理念がどういうものであるかを、感謝と友情の想いをこめてできるかぎり手短に申し述べることを、せめてはお許し下さい。」

 と言って、カミュはそれについて語ります。
 全体はまあまあ複雑なことを言っているんですが、ぼくがとくに感じ入った部分だけ抜き書きします。

「私自身は自分の芸術をぬきにしては生きてゆくことができません。だからといって私は、この芸術をあらゆるものの上に位置づけたことは一度もないのです。まったく反対に、芸術が私にぜひとも必要であるのは、芸術がなんぴとからも切りはなせぬものであり、また、この私がありのままの姿で、あらゆる人びとと同じ地平で生きることを芸術は許してくれるからです。」

「私の見解では、芸術は孤独な歓びではありません。芸術とは、だれにも共通する苦しさと喜びの特権的イメージを、できるかぎり多くの人びとに提供して、彼らを感動させる一方法なのです。それゆえに芸術は芸術家が孤立しないことを強制し、芸術家をこの上なく地味で、この上なく普遍的な真実に服従させます。」

「そして、よくあるように自分が他の人びとと異なっていると感じたために芸術家としての道を選んだ者は、自己と万人との相似を認めなければそのさき自分の芸術を、そしてまた自分の差異を育ててゆくことができないということを、たちまち学ぶにいたるのです。自己から他者へのこの絶えざる往復運動のうちに、また自分になくてはかなわぬ美と離脱することのできぬ共同体との中間の地点で、芸術家はみずからを鍛えあげてゆくのです。」

「だからこそ、真の芸術家たちはなにものも軽蔑しません。裁くのではなく、理解しなければならぬ、それが彼らの義務なのです。」

 若いときに美に打たれた人って、ときどき、世を拗ねた人みたいになることがあるように思います。
 自分はこんなにも崇高なものに惹かれているのに、世の中ってなんて俗っぽいんだと。
 そういう気持ちでいる間は、その人はディレッタントには成れても芸術を作る人に成れないのかもしれないなぁ、なんてことを思いました。

 たにまち月いち古書即売会が、6月18日(金)から6月20日(日)まであります!
 大阪古書会館で、毎日10時から18時まで、最終日は16時までです。
 寸心堂、久しぶりに出ます。ピンチョンとかフランス語の洋書とか並べると思います。