10月の大阪の古本スケジュール!!

大阪の10月といえば……、四天王寺と天満宮の古本まつりですよね!

天神さんの古本まつりチラシ表
天神さんの古本まつり

というわけで今年もやってきました、読書の秋、古本まつりのシーズンです。

そのうえ今年の大阪はなんと! 阪神百貨店での古本即売会もあります!

これで10月の古本スケジュールがどういうことになったかといいますと。

10月8日(金)から四天王寺秋の大古本まつり。これが10月12日(火)まで

そして、10月15日(金)から、大阪天満宮にて、天神さんの古本まつり。これが10月19日(火)まで

さらに、10月20日(水)から、梅田の阪神百貨店にて、秋の阪神古書フェア10月25日(月)まで

10月の31日のうち、16日も古本即売会やってます! 半分以上! 異常!

寸心堂書店は、天神さんの古本まつりと阪神古書フェアに出店します。

あと、四天王寺の初日に、古本横丁さんのところにバイトに入っているので、見かけたら声かけてね。あるいは、顔合わさないように逃げて!

天神さんの片付けをしたその日のうちに阪神の設営もしないといけないという、なかなかにやばい段取りです。天神さんの閉店頃に寸心堂ブースに知り合いがいたら、「片付け手伝ってちょうだい!」って声かけるかもしれないので、その際はなにとぞ、なにとぞ……。

というようなわけで、2021年10月も、どうぞよろしくお願いします!

2021年9月の「たにまち月いち古書即売会」

今週の週末は、大阪古本界隈毎月恒例の「たにまち月いち古書即売会」です。

天神さんの古本まつりチラシ

9月17日(金)から19日(日)の3日間です。

緊急事態宣言が延長されたために、今回も8月に続いて、緊急事態宣言発出中のイベントとなってしまいますが、地味に細々開催しております。

皆様、感染に気をつけたり、体調に気をつけたりしながら、もしよかったら、「たにまち月いち古書即売会」、遊びに来てください。

よろしくお願いします。

来月10月は、「四天王寺秋の大古本祭り」「天神さんの古本まつり」があります。

寸心堂は大阪古書研究会所属なので、「天神さんの古本まつり」の方に参加します。

8月からすでに天神さんに向けての本の準備をしてきました。

1冊300円だけど3冊買ったら500円(実質1冊200円未満!)、みたいなコーナーを作って、わりと太っ腹に「300円でも安いでしょ!?」という本をどんどこ用意してます。

あと、今年の(今年も?)天神さんの百均は、かなり面白い本が集まっているような気がします。

大阪古書研究会のメンバーみんなで、8月のめちゃめちゃ暑い日に2トン車ピストンで引き取ってきた本が現在倉庫に待機中です。

四天王寺さん共々、天神さんの古本まつりも、どうぞよろしくお願いします。

10月15日(金)から19日(火)まで、大阪天満宮境内にて。

第24回 天神さんの古本まつり(大阪古書研HP)

11月6日(金)〜8日(日)は「天三秋祭り」です!

天神さんの古本まつりに来て下さった皆さま、ありがとうございました。

店舗をやっていないから、こういう時でもないとなかなかお客さんと会ったり話したりできないので、天神さんでいろいろな人に会えたのは嬉しかったです。

いろいろイベントがあっても、ほとんどずっとお店番しているというイベントは案外無くて、この天神さんか、あとは「水の都の古本展」(中央公会堂でやるやつ)が、まあまあずっと現場に居る感じでしょうか。

というわけで、今後ともよろしくお願いします。

天神さんの時に栞書房さんから声をかけていただいて、11月6日(金)〜8日(日)の「天三秋祭り」中の「10台ワゴン市」に参加させていただくことになりました。

売台1台、天神さんの5分の1くらいの分量ということになりますが、1台分(ダンボール10箱くらい)すべて、天神さんの時とは別の本を用意したいと思ってます。

開催場所は、天神橋筋商店街の、矢野書房さんから栞書房さんがあるところ辺りです。

日程は11月6日(金)から8日(日)で、時間は11時から19時まで。最終日はちょっと早めの閉店になるかもしれません。

寸心堂のレジ当番は、8日(日)の11時から15時くらいです。天神さんの時に会えなかった人に会えたらいいな。

天神橋筋商店街には古本屋がいっぱいあるので、半日くらいかけて古本屋行脚というのもなかなかおつな過ごし方じゃないかなと思います。よろしくお願いします。

今週のお知らせ:10月19日(月)〜25日(日)

天神さんの古本まつりが終わってしまう……。

天神さんの古本まつりは20日(火)までです。最終日は16時までですので、ご注意ください。

天神さんに向けて、わりと長い時間かけて準備してきたので、終わってしまうのが寂しいです。

このブログの更新時点(18日(日)夜)からはあと2日ですが、最後までどうぞよろしくお願いします。

初日は忙しすぎて、2日目は雨のため、スタートから丸々2日間、持って行っていた補充分のダンボール箱11箱くらい、まったく開けられず補充できずでしたので、3日目以降、一所懸命補充する所存でございます。

とはいえ、フリーに値付けしている本の補充はもうなくて、あとは全部100円から500円の本ばかりです。でもかえってそういうのの方が、お客さまにとっては掘り出し物が見つかるかもしれず、いいんじゃないでしょうか。

どうでしょうか。

あと、今回の天神さんには、サウザンコミックスの第1弾、クラウドファンディングで入荷(?)した、『レベティコ』も並んでおります。

傷まないように袋に入れてますが、1冊私物を試し読み用においてありますので、どういうものか実物をご確認いただけたらと思います。

ダヴィッド・プリュドム『レベティコ-雑草の歌』

バンドデシネについての最も初期の思い出は、ハタチの頃に同じところでバイトしているというだけでたいして親しかったわけでもなかった人がヨーロッパ旅行に行くという時に、「フランス行ったら漫画買って来て下さいよ〜」って言ったら、メビウスとかエンキ・ビラルを本当に買って来てくれた、というようなことがあったりしました。いいひとだったなぁ。

天神さんのあと年内に出店できるイベントは、大阪古書会館のたにまち月いち古書即売会と、阪神百貨店の歳末古書ノ市になるのかなと思います。

天神さんあと2日と、今後の年内のイベントを、どうぞよろしくお願いします。

今週のお知らせ:10月12日(月)〜18日(日)

いよいよ天神さんの古本まつりです!

大阪天満宮

天神さんの古本まつりは、今週10月16日(金)からです。10月20日(火)まで

大阪天満宮の境内で行われます。

今年の天神さんでは、毎日イベントがあります。

10月16日(金)「本のへそくりを探せ!」
10月17日(土) 江戸川乱歩作品の読書会『孤島の鬼』を読む
10月18日(日) アワヒニビブリオバトル
10月19日(月) 本の紐掛け講座
10月20日(火) 本の箱詰め講座

それぞれ詳細は大阪古書研究会のホームページでご確認ください。
http://osaka-koshoken.com/

毎日10時から17時最終日のみ16時まで

以下、「天神さんの古本まつりに持っていきます(6)〜(11)」です。

寸心堂が扱う本はジャンルが偏り過ぎていて、興味ない人たちにはしばしば華麗にスルーされがちで切ないので、「外国文学とか多少は興味あるよー」という方々は、ぜひぜひ、天神さんの古本まつりに来てください!!

100円から500円の本を集めたコーナーと、値段はいろいろのわりとかっちりしたコーナーを用意してお待ちしております。

京阪神の「外国文学多少は好き勢」大集合して欲しぃ!