古本屋日誌:7月20日(月)〜26日(日)

 業者市の日、HK会。
 お昼やや早めに組合に行き、まず入札をする。
 文庫で、やけに自分好みの本がいっぱい出ていた。あれこれに結構頑張った札を入れたけれど、結局一点しか落札できなかった。残念。
 入札をしたあと、組合の三階で、自分が所属するNS会で預かっている荷物の荷造りをロビンさんと。
 息抜きに市の様子を覗きに行くと、池崎書店の池崎さんが来られていた。久しぶりにお見かけしたのでご挨拶を。すると、「鈴木信太郎全集、今度持ってくるわ」と言ってくださった。なんとまあ! できるだけ高い値で入札させて頂きます。
 NS会預かりの荷物の処理が終わらないので、また翌日か翌々日にでも組合に来ることにして、この日は適当な時間に帰る。NS会会長からおいしい食パンを一斤いただく。ありがたや。

 事務所で雑用したり、ブログの記事を書いたり。
 一日あまり仕事が捗らなかった。
 夕方、散髪に行った。 

 NS会の荷物を作りに組合へ。
 自分の出品をやるだけで手いっぱいで、月曜日に手をつけて残ってしまっていた預かりの荷物にまで手が回らなかった。

 この日は矢野書房の矢野さん、矢野書房天満橋店のはまおさんも僕と同じフロアで仕事をされていて、お昼ご飯をご一緒させて頂いた。
 昼食後も組合で作業をしていて、自分の作業が終わってからは、KS会の荷物を手伝う。
 矢野さんのお手伝いで封筒書いたり荷札をつけたりしたのだけれど、矢野さんはすごくテキパキ仕事をされるので、ペースについていくのが大変。というか、ついていけませんでした。
 現状の自分は情けないけど、しかし熟達すればああいう風になれるのだと思うと、勇気が湧いてきます。 頑張ろうっと。

 朝から組合へ。
 預かりの荷物を作る。
 お昼頃、支部市のHH会へ行って、なんやかんやしてまた組合に戻り、朝の続きをする。
 ロビンさんとNS会の仕事をしたあと、今度はKS会のお手伝い。
 会館が閉まる頃まで仕事をして、その流れでKS会の皆さんと近所に飲みに行く。 

 お昼過ぎ組合に行き、KT会を見学。この日のお仕事はこれのみ。

 夜、天満の鉄板焼き屋さんにて飲み会。矢野書房天満橋店のはまおさん主催で、満さん、矢野さん、杉本さん、厚生さん、象々さん、栞さん、栞さんのところのアルバイトの女性、一冊堂さん、と僕、十人。

 朝からNS会の準備のために組合へ。
 まず自分の荷物を作り並べる。それから他の荷物をせっせと並べる。
 15時半頃に終わる。
 その後ロビンさんと近くのマクドで話し込んで、19時くらいに組合の近くの駐車場から車を出す。
 この日、天神祭で、車で天満界隈から脱出するのに1時間半くらいはかかったかと思う。帰ると22時を回っていた。

 まるっと一日オフ。
 ブログをちょっと書いたり。


 この週は、次の週に自分が所属する会の市が二つ重なっていて、なんやかんや忙しかった。
 早いうちに阪神百貨店での即売会の準備を始めようと思っていたのに、そちらの方はまったく手つかず。
 NS会とKS会が終わったら一息つけるかと思っていたけれど、どうもそうはいかないみたい。
 貧乏暇無し。

 だったら飲みに行かないで、帰って仕事すればいいのに。
 と、言われそうですが。

 ごもっともです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です