文芸同人誌展示即売会@天満天神さん、参加サークル様ご紹介(3)

【虚事新社】


サークル名:虚事新社
URL:https://soragoto.jimdo.com
Twitter:@SoragotoShinsha
pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=18324289
BOOTH:https://soragotoshinsha.booth.pm

①アンチ文化侵略
突然に起こった地球外生命体との遭遇。高度な文化を持つ異星人による「人道的で賢明な」侵略作戦に対し、地球人が見せた抵抗とは……(表題作)。悪い夢を見ることの多い青年は、雑誌の広告で見かけた「良い夢を見られる薬」を駄目元で購入する。届いた錠剤を飲んでも案の定良い夢など見られなかったが……(『良い夢を』)。
夢、記憶、創作――種々の非現実と現実の関係性を綴り、問い直す七篇を収録。文庫版84ページ300円

②なお澄みわたりパシフィック
文化人類学研究室に所属する大学生・須々木京は、超能力の実在の証明を夢見る院生・立花葵に連れられ、外部の人間が立ち入った記録のな い伝説の島、通称「超能力の島」を訪れる。島長の孫娘・フレジアに案内され、特殊な能力の数々を目の当たりにする二人。住人の歓待を受ける中、葵はある違和感を京に語る――。やがて二人がたどり着いた、島の人々とフレジアの一族の秘密とは。文庫版220ページ600円

【午前三時の音楽】


サークル「午前三時の音楽」です。
さまざまな形の愛情と優しさのあり方についてのお話を書いています。
今回はあなたが眠りに就く前のひとときに寄り添う創作文芸アンソロジー「さよなら、おやすみ、またあした」を委託頒布していただきます。

『さよなら、おやすみ、またあした』
B6サイズ│160頁│頒布価格1000円
あなたの夜の窓辺へ降り立つための、とっておきの言の葉たちをお届けにまいりました。

十人の書き手たちによって綴られる、眠る前のひとときに寄り添う創作文芸アンソロジー。
詩歌、ファンタジー、現代ドラマ、童話風、ボーイズラブ、ガールズラブ、と舞台も表現手法も多岐多様にわたります。
どうぞ、すこしのあいだでかまいません、窓を開けて、語り手たちのささやき声に耳を澄ませてみてください。

作品紹介モーメントhttps://twitter.com/i/moments/1034924846214406144
twitter:https://twitter.com/raixxx_3am
HP:http://lovelylic.ivory.ne.jp/3am/

【人生は緑色】


サークル名:人生は緑色
サークル紹介:鳥と怪異と特撮ヒーローが好きな小高まあなが小説だったり絵だったりハンクラしたりと一人ヴィレッジヴァンガードを目指しているサークルです。
サイト:http://freedom.lolipop.jp
Twitter@kmaana

委託作品
1「私の魔法使い」新書/134ページ/500円
母親の入院に伴い、田舎の従姉の家に預けられた中学生の佐緒里。
慣れない環境や馴染めない学校に思い悩んでいた。
そんな中、逃げるように通っていた図書館で出会った、不思議な男女と親睦を深めていく。
「私も魔法使いに、ここから連れ出して欲しい。シンデレラみたいに」
ここではないどこかに逃げ出したいと足掻く少女の物語。

2「メタリッカー」文庫/198ページ/800円
半年前、突如として現れた謎の怪物X。
Xから人々を救ったのは、どこからともなく現れた銀色の戦士・メタリッカーだった!
メタリッカーの正体は、高飛車だけど賢いお嬢様・鈴間屋アリス付きの運転手・白藤銀次。
そしてメタリッカーの誕生には、アリスの父親が関わっていて……。
見た目はメタルヒーロー、出自は仮面ライダー、中身は少女漫画! な変身ヒーローラノベ

3「鳥小説アンソロジー よりどりみどりに鳥」B6/236ページ/1200円
お値段以上に鳥!が合言葉。
飛ぶ鳥、飛ばない鳥、歩く鳥、泳ぐ鳥。
SF、恋愛、ライトノベル。
14人の作家による鳥の魅力がぎゅっと詰まったアンソロジーです。

4「調律師」文庫/175ページ/800円
「こっくりさん、こっくりさん、鳥居を潜ってお越しください」
クラスメイトがやっていたこっくりさんに憑かれ、意識不明となった高校生の榊原龍一。
彼はそんな自分を助けてくれた祓い屋・“調律師”の大道寺沙耶に一目惚れをする
しかし、その恋を沙耶に生まれつき取り憑いている“龍”が関係していて——。
普通ではない怪異の世界に足を踏み入れた、普通の高校生の普通の恋の物語。

5「その男、名探偵につき」文庫/186ページ/1000円
名探偵は職業ではない。
事件を呼び、謎を解き、それを喰らい、生きる、生き物の名前だ。
その証拠に、名探偵の行くところ事件があり、死体がある。
これはそんな名探偵と、名探偵の効力に巻き込まれた人々による、謎ではなく××を解く、恋物語

【博物館リュボーフィ】


「博物館リュボーフィ」は『様々な愛』をバックグラウンドに敷きつつ恋愛感は薄めの現代/SF/ファンタジーを広く浅く発行しています。
今回は田舎から出てきた少女たちが都会でわらわら成長する就職活動ファンタジー『花街ダイニング』、愛はなんにも解決してくれない、それでも。姉弟のようなふたりの断絶と再生『淅瀝の森で君を愛す』、ジャンルを繋ぐ《未来のいざない》短編集『庭常のサフトに小指をひたして』。力強く優しく前向きな登場人物たちの長い旅に、ぜひお付き合いください。

サークル名:博物館リュボーフィ
委託書籍:花街ダイニング 800円
     淅瀝の森で君を愛す 800円
     庭常のサフトに小指をひたして 500円
サイト:https://m-musiko.wixsite.com/molv
Twitter:@musi_ko (https://twitter.com/musi_ko)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です