阪神夏の古書ノ市最終日

 8月18日火曜日。晴れ。

 阪神夏の古書ノ市最終日。

 京橋のブックオフを覗いて、鷗外近代小説集、鏡花怪異小品集など買ってから阪神百貨店へ。

 谷町月一の準備などしてから出たので、阪神に着いた時にはもう古書ノ市が終わる一時間前頃。
 最終日はほぼ、撤収しに行っただけ、みたいになる。

 寸心堂書店の本で一番最後に売れたのは、レヴィナスの『困難な自由』の洋書ペーパーバックでした。

 阪神夏の古書ノ市、一週間を通してたくさんのお客様に来ていただき、ありがとうございました。阪神ではまた年末、年の瀬に古書ノ市があると思いますので、そちらでもまたよろしくお願いします。

 直近のたにまち月いち古書即売会では、恒例(ってまだ2回目)の文庫150円均一と、今回の阪神夏の古書ノ市で売れなかったけれども店主のおすすめ本を厳選したコーナーを作ってお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です