古本屋日誌:6月22日(月)〜28日(日)

DSC00605

 N会の市では、N会の同人なので運営も。
 預かっていた荷物をぎりぎりまで作り続けた。なんとか間に合ってよかった。

 市では売ったり買ったりで、差し引き若干売りが多くて、お金をいただいて帰ることに。
 この日は市のあと用事もなかったので、飲みに誘われたら着いていくつもりだったのだけれど、いつも行っていないものだから、すっかり誘われなくなってました。「帰っていいよー」と言われて、すごすご帰りました。せつない。

 KS会の規約発送作業のため組合へ。
 厚生さん、矢野さん、満さん、ハモニカさんと僕の五人で、市会の規約を封筒に入れる作業を。
 単調な作業だけれど、みなさんのお話が面白いのでぜんぜん退屈しませんでした。

 事務所と倉庫の本を整理。 

 HH会へ。
 出品もお客さんも少なめ。
 福永さんのSF文庫は、僕を狙い撃ちという感じだったので買いました。
 一昔前の「歴史研究」という雑誌100冊以上買いました。興味を持てそうな特集の号を拾い読みしたあとで、一度即売会に出してみようと思います。

 HH会の後、矢野書房天満橋店へ。
 阪神夏の古書ノ市に向けて小冊子を作る件について。

 KS会の会長様からメールが。会員には出品数のノルマが。えっ、そんなに用意できそうにないんですけど……。

 事務所の本を整理しつつ、KS会の市に出品できそうなものを考える。
 5点くらいはすぐになんとかなりそうな感じがあるけれど、それ以上はちょっと頑張らないと。

土・日

 事務所と倉庫の本を整理。

 阪神夏の古書ノ市の冊子の詳細について、参加店の皆さまにメール。


 倉庫を片付けて、事務所の本を倉庫に移して、事務所の方をもうちょっとすっきりさせようと奮闘してます。
 一度収拾がつかないような状態になってしまった後で、それをどうにかするのは相当大変なので、今回頑張ってなんとかすっきりさせた後は、もう収拾がつかないような事態にならないように、かっちり本の整理をやっていきたい。

 まあ、無理なんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です