日誌(5月12日〜18日の1)

IMGP1839

▼ SK会で組合に。ほとんど落ちないんじゃないかと思っていた札で意外と落ちた。後半の方はぜんぜんだったけれど。佐内正史さんの写真集とか欲しかったなぁ。

▼ SK会の市の帰り際、Kさんが京都のAMさんを紹介してくれた。Kさんのこういうところは本当にありがたい。感謝しております。近いうちにAMさんに京都の市に連れて行ってもらおー。

▼ 小谷野敦『病む女はなぜ村上春樹を読むか』を買って帰ってその日のうちに読了。すごいタイトルをつけたもんだなぁ。

▼ 組合に荷物を取りに行く。帰りに久しぶりにTK会に行ってみようとIKセンターに寄ったのだけれど、駐車場が満杯だったのでこの日は諦めた。次も駐車場満杯だったらどうしよう?

▼ 文学とか翻訳小説ばかりAmazonに登録していて単価が安くてなんだかなーだったので、写真集など、若干高そうなものも登録してみた。売れたらいいな。

▼ HK会でII会館に。車の運転もだいぶ慣れてきたので、この日は、II会館への行き帰りに古本屋をハシゴすることにした。ブックオフ門真古川橋店、古本市場京阪本通店、古本市場門真店、ブックマーケット寝屋川香里店の4軒に立ち寄って、好みの本を物色した。しかし、掘り出し物は見つけられず。

▼ 商売的にはぜんぜん掘り出し物じゃないけど、いい本に出会ったなと思えたのは、青山裕企『僕は写真の楽しさを全力で伝えたい!』(星海社新書)。もっと写真撮ろっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。