だいたいホンの話(4)

IMGP0701 作家の年といえば、クイズダービーでおなじみのって、今時クイズダービーがぜんぜんおなじみじゃないわけだけど、フランス文学者の篠沢秀夫教授が、西洋の作家の作品の発表年度を和暦と対照するといった本を書いていたらしいですね。その本は見たことないけれど、『フランス文学講義』でも和暦を示すことがあったように思います。

それで例えば『ボヴァリー夫人』は安政4年ですか。

安政4年っていわれても、日本史に疎いからぜんぜんぴんとこないんだけど、とりあえず大政奉還の10年前で、江戸時代の末期でもうすぐ明治という頃ですね。

それが分かっても、僕はやっぱり歴史に疎いので、「へー……で?」という具合にしかならないのだけれど。

若い時は江戸時代と言われるとものすごく昔だと思ったし、明治でさえそうとう昔だというイメージだったから、19世紀のけっこうモダンっぽい小説が日本でいうと江戸や明治の前半くらいに書かれていたと聞くと、「やっぱ西洋進んでるなー!」と思ったと思う。

でも、自分が単に年を取ったせいか、それとも日本史に疎いとはいえ、主に文学史を通じて明治の時代の雰囲気を若い時とは違った風に感じるようになってきたせいか、まあまあそんなもんなのかなぁと思うようになってきたような。

 

だいたいホンの話(3)

IMGP0664 小谷野敦さんの本を読んでいて、小谷野さんがある作家の小説を読む時に、まず著作年譜を作るとか書いているのをみて、ああそうなのかぁと。勉強のできる人って、こういうところからして違うんだなぁなんて思いました。

僕はある小説を読む時に、その小説が作者が何歳の頃に書いたのかとか、ほとんど意識したことがなかった。

たまたま知っているという場合はもちろんあるんですけど。特に早熟の天才というタイプの作家の場合、ランボーとかラディゲとか、どうしたって読む前に知っちゃうし、そのことによる偏見も入っちゃう。若いのにすごいな! と。同じものを若くない人が書いていたらどう感じるのだか。

で、近頃は多少、作者がいくつの頃に書いた作品なのかということに意識がいくようになりました。

それで思ったのは、小説って年取ってから読んだらなお面白いんじゃないかな、ということでした。というのも、外国文学の有名どころの作品って、けっこう作者が年取ってから書いているんだなぁと気がついたから。

やっぱり、作者がその作品を書いた年頃になってから読んだ方が、あるあるネタじゃないけど、あーわかるなーという感じになったりするんじゃないかなと。

ところが、これは僕の偏見で、実際はぜんぜんそんなことないかもしれないけれど、外国文学の古典的な作品なんていうのは、若い人が背伸びして読むばかりで、いい年をした日本の大人は、あんまりそういうのに手を出さないのじゃないかなぁなんて。

文学っていうと青年のもの、みたいなイメージが。

もし実際にそうだとしたら、それはもったいないんじゃないかなぁなんて思ったりするんですが、どうなんでしょうね。

 

だいたいホンの話(2)

IMGP062359歳で『ロリータ』のあの感じを書くのって、どんな感じなんだろう。

僕は十代で『ロリータ』を読んで、ものすごく素朴に「ハンバート・ハンバートの気持ちが分かるー」とか思い込んでたけど、大いなる勘違いだったろうなと。

十代男子がああいうのを読んで共感してしまうのって、またまったく別のなんかなのかなぁなんて。

というか、十代男子の一般論にしたらダメか。僕以外のその年頃の男子がどんな風に感じていたのか(感じているのか)とか、わからないもんなぁ。

で、それでは一般論にしないで、僕自身がどうだったかということについて詳細に分析してみましょう、という風にはいかないですね。自分の十代の頃の性にまつわる話とか、シラフではできない。

ま、酔ってもしないけど。

 

だいたいホンの話(1)

2013年から2014年の年をまたいで読んでいた本はナボコフの『絶望』でした。

新年のおめでたい時に「絶望」ってのもなんですけど、べつに暗いお話というんではぜんぜんなかったです。むしろ、ユーモラスで楽しかったです。

ま、人は死ぬんですけどね。

年末年始バタバタと忙しくて、この本もほぼ外出中にしか読めなかったので、読み始めてから読み終わるまでにけっこう日数がかかりました。二週間くらいかな?

おおむね電車の中で読んでいて、最後の部分は、メルヴィルの小説の登場人物の名前が由来の某コーヒーショップに居る時に読みました。

面白かったです。

好みでいえば前の『カメラ・オブスクーラ』の方が好みではあるけれど、これはこれで面白かった。

読んでいる最中はあまり考えなかったけれど、最後の最後の方で、「あ、この感じは、ちょっとパトリシア・ハイスミスっぽい」と思ったんだけど、勘違いかも。主人公が××だ、というだけで。

訳者解説を読むと、『絶望』はナボコフが33歳の時の作品で、『ロリータ』は59歳の時って書いてあって、ああ、そうなんだと。『ロリータ』って、けっこう年いってから書いてたのねと。思いました。

 

だいたいホンの話(0)

IMGP0426あけましておめでとうございます。寸心堂書店の中の人です。今年も一年よろしくお願いします。

古本屋の宣伝のためにも定期的にブログを更新するようにしないといけないなぁとは、自前の通販サイトを作りながらずっと思ってました。

しかし、文章を通じて表現できる藝はとくに持ってないし、素の自分を出して日記を書くなんていうのも恥ずかしくてできそうにないし、いったい何を書いたものかなぁと思いながら、何も書かないうちにずるずる年を越してしまいました。

とりあえず、本にまつわる徒然を、古本屋だからっていうんじゃなくてただの本好きとして書いてみようかと思います。

で、寸心堂書店オンラインショップの方も、よろしくお願いします。

http://shop.sunshindo.com/