文庫レーベル別思い出の一冊(中公文庫編):レーモン・クノー『地下鉄のザジ』


「文庫レーベル別思い出の一冊」を久しぶりに書こうと思い、これまでに書いたものを見返してみて思ったのは、「仏文ばっかりやん!」ということでした。

今度も仏文でレーモン・クノー『地下鉄のザジ』、生田耕作訳。

澁澤龍彦きっかけでフランスの翻訳物を読み始めたので、必然的に生田耕作にも行き当たりました。

澁澤龍彦とか生田耕作って、今思うと若い人に受けそうな感じがする(中二病感ある)し、それで若い時の自分が随分傾倒していたのだろうと思うのだけれど、いまどきの若い人はどうなんでしょう? 澁澤龍彦とか生田耕作とかその翻訳小説とか、読んでるんでしょうか?

『地下鉄のザジ』は映画にもなっていて、僕はこの映画もすごく好きでした。

まだレンタルビデオの時代。DVDじゃなくて、ビデオテープだった時代に借りて観たのが初めてで、その後DVDを買いました。

そのDVDはいつかの「たにまち月いち古書即売会」で売ってしまいました。そうやって思い入れのある本やDVDとお別れをしている毎日です。

上の写真のフォリオのペーパーバックも、中公文庫も、ジャケットの写真は映画からですね。

文庫のジャケットが、映画化した時にその映画の写真のジャケットになることが時々ありますが、そういうのはたいてい好きじゃないけれど、『地下鉄のザジ』のこのジャケットは、なんか許せる。むしろ好き。

それはもう、カトリーヌ・ドモンジョが好きだから。

『地下鉄のザジ』のカトリーヌ・ドモンジョか『ペーパー・ムーン』のテイタム・オニールか、どっちか。ってくらい好き。

最後に、生田耕作のことをあまり知らない人に向けて一言、二言。

生田耕作の翻訳の中で一番ポップなのがこの『地下鉄のザジ』で、これならわりと誰にでもおすすめできますが、生田耕作のこれ以外の翻訳は、あまりお子様にはおすすめできないようなものばかりです。

その辺がまあ厨二心をくすぐるところなわけで、あえてそういうところにこれから踏み込んでみたい! という人には、マンディアルグの短編集なんかをおすすめします。

マンディアルグの短編集は白水Uブックスで出てますが、最近はどうも絶版状態のようなので、どうぞ古本屋か古本即売会に足をお運び下さい。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

第8回水の都の古本展


第8回水の都の古本展、いよいよ始まりました。

2月21日(火)10時から、2月24日(金)17時まで。

最終日以外は毎日20時までやってます。

大阪市中央公会堂の2階、第6・7・8会議室にて。

以下、搬入日設営直後の写真です。コメントをつけて紹介していきます。

こんな感じです。あらかた外国文学関係、一部哲学・思想、上の写真では奥の方に行くと、翻訳じゃない本がちらほらと。

あと、お菓子関係の大型本がちょっと並んでます。イルプルの弓田亨さんの本とか。

余談ですが、東京の市に行った時、代官山のTSUTAYAを覗きに行ったその足で、イルプルシュルラセーヌにも行ってきました。スイーツ男子(中年)の寸心堂です。

いつもの猫ちゃんがいて、ナボコフ・コーナーなど。

これも思い出したついでに余談ですが、上の写真の右上にちらりと写っている『作家の聖別』という本、代官山のTSUTAYAで買いました。

新刊で買って古本として売ってるので、まあぜんぜん儲からないことったら。

文庫コーナーもあります。

が、谷町月一から(もっと言うと年末の阪神百貨店の催事から)あまり増えてません。

増えてませんけど、うちはけっこうロングセラーな本を扱っているつもりなので、息長く売っていきます。

本が変わらなくても、買い手の興味が変われば、以前買うつもりにならなかった本でも買う気になったりしますよね? というわけで。

ちょっとだけ洋書のコーナー。

左の方にBD(フランスの漫画)が少しあります。

一番手前はバスティアン・ヴィヴェス。最近何冊か翻訳されてますが、写真で見えるのは邦訳されていない本。翻訳が出ている『ポリーナ』もあります。

奥にニコラ・ド・クレシーの本が2冊あるんですが、なんとこれらについては、邦訳本が梁山伯さんのところで買えます。たまたまカブりました。原書と訳書、まとめて買うチャンスです。ちなみに『氷河期』と『天空のビバンドム』です。

これは梁山伯さんのコーナーの本。

バベルの図書館のシリーズがまとめてどばっと。ああ、僕が欲しいわ!

というような感じで、お馬さんも待ってますので、どうぞ水の都の古本展に足をお運び下さいませ。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

2月の即売会準備中:岩波少年文庫創刊40年記念特装版


昨年、「たにまち月いち古書即売会:2016年11月」という記事で、初期岩波少年文庫の復刻版を紹介しました。

今度は岩波少年文庫創刊40年記念の特装版です。これも復刻版と同じく全30巻あります。

今度のは、珍しい(手に入りにくい)タイトルのものはほとんどありません。なので、復刻版の時より安い値付けをしてます。

今回ももちろんバラ売りするので、懐かしのタイトルとか、どうぞ手に取ってみてください。

なかなかに美しい本なので、手に取ってみると欲しくなること請け合いです。

僕もどれか一冊記念に取っておこうかなぁ。僕は、一冊ならやっぱり、『ホビットの冒険』かな?

たにまち月いち古書即売会は、大阪古書会館にて、2月17日(金)から。

水の都の古本展は、大阪市中央公会堂にて、2月21日(火)から。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

2月の即売会準備中:集英社ギャラリー・世界の文学

集英社ギャラリー・世界の文学


二十歳前後から数年間、近所の図書館(堺市立南図書館)をよく利用していた。そこの外国文学の棚に、集英社ギャラリー・世界の文学が並んでいた。借りた記憶は全然ないけれど、「こういうのうちの本棚に欲しいな」とは思っていた。

基本的には、世界文学全集の類いってむやみと巻数が多いので、家の本棚にずらっと並べると、なんていうか、ちょっと邪魔な感じになる気がする。並べたことないので、想像で言ってるだけだけど。

集英社ギャラリー・世界の文学は、全20巻と少なめなので、全部並べておいても、まだ格好がつくような気がする。それに収録作品もちょうどいい感じ。ここに収録されている物くらいは、全部読んでおいてもいいかなと思う。

装幀や造本も悪くない。ただし本が大きくて、読むとなると机に向かって読むしかないような感じなので、そこが大きな問題ではあるかもしれない。

でも、机に向かってゆっくり本を読むという時間は、あってもいいと思う。というか、そういう時間を捻出しないといけないなと思っている。忙しくて隙間時間しか本が読めないとか、嫌だ。

二十年近く前に「うちの本棚に欲しいな」と思っていたものを、このたびついに手に入れることができた。寸心堂書店には、ただいま現在、集英社ギャラリー・世界の文学全20巻揃ってます。ああ、お店があればなぁ。

お店がないので、たにまち月いち古書即売会と、水の都の古本展でお披露目します。1冊くらいは売れるかな?

唐突に話が変わるけれど、平凡社ライブラリーでいつも探している本が2冊あって、それはナボコフの『ニコライ・ゴーゴリ』とゴンブローヴィッチの『フェルディドゥルケ』なんだけど、でもそれが、ぜんぜん見つけられない。

ところが今日知ったのだけれど、なんと『フェルディドゥルケ』は、集英社ギャラリー・世界の文学の第12巻に収録されてました。『フェルディドゥルケ』を読みたいだけなら、平凡社ライブラリー版を探すより集英社ギャラリー・世界の文学版を探した方が見つかる可能性高そう。

ここだけの話、いまアマゾン最安値めちゃ安いし。

というわけで、集英社ギャラリー・世界の文学がずらっと並んでいるところを、たにまち月いち古書即売会と水の都の古本展まで見に来て下さい。

たにまち月いち古書即売会は、大阪古書会館にて、2月17日(金)から。

水の都の古本展は、大阪市中央公会堂にて、2月21日(火)から。

お待ちしてます。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

2月の即売会準備中:いろいろ9冊

今日値付けをしていて「売る前に読んでおきたいな」と思った本たち。

上の写真の右から順に一言ずつ。

神西清『堀辰雄文学の魅力』
ロシア文学者の神西清による堀辰雄案内。僕は堀辰雄のいい読者でないので(つまりちょっとしか読んでないので)、これを読んで堀辰雄に入門したい。

秋山駿『恋愛の発見』
大人になると「文学とは何か」みたいな大上段な問題意識を持ち続けるのって、なかなか難しい。「その問題って別に解決しなくても生きていけるしな」みたいな考えの、つまらない大人になってしまっておりまして。
で、ときどき、そういう問題意識で書かれているものを、ちょっと読んでみて、若いときの気持ちを思い出そうかなと思うこともありまして。
帯文に「文学の源泉、或いは文学の魅力の一番の精髄は、恋愛と犯罪である」みたいなことが書いていて、ちょっとその先の話が聞きたいという気持ちに。

『西脇順三郎対談集』
西脇順三郎のエピソードで忘れがたいのの一つに、「卒論をラテン語で書いた」ってやつがあるんだけど、吉田健一との対談によるとそれは事実らしく、かつ何の論文だったかっていうと経済学の論文だったんだって。なんとなく文学関係の何かだろうと思い込んでた。
西脇順三郎の、人間の実存を「淋しさ」にみる一連の詩とか好き。僕は人生ってのはとことん切ないものだなぁと思っていて、人間存在の「せつなさ」を主題にして詩か短歌か書いてみたい。書けないけど。

田中小実昌『モナドには窓がない』
カントとライプニッツのところだけでいいから読んでおきたい。谷町月一初日までに読めてなかったら棚に並べないかも。嘘です、並べます。

レイモン・クノー『文体練習』(水声社版)
ずいぶん昔に堺市立南図書館(泉ヶ丘駅前の図書館)で朝日出版社版を借りて読んだ。その後天牛堺書店さんで古本を買って手に入れてもう一回読んだ。そして、つい先日、ツイン21の古本まつりで高山文庫さんが水声社版を売っていたので買った。そして本文を3分の1くらい読んだところで止まっている。売るまでに読みたいのは本文よりも、論文や解説などのおまけのところ。この本、おまけ部分が多いんです。

アンリ・トロワイヤ『石、紙、鋏』
トロワイヤといえば伝記作家みたいなイメージがあって、実際僕も伝記しか読んだことがない。そんなトロワイヤの小説を小笠原豊樹が訳しているということで、いずれ読んでみたいなぁと思っている。そう思いながらいつまでも読まないという本がどれだけあることか。

ジョルジュ・シャルボニエ『ボルヘスとの対話』
まあボルヘスですから。以上。

市川浩『ベルクソン』
フランス文学好きで哲学にもちょっと興味があって、小林秀雄も嫌いではなかったのに、どういうわけかベルクソンは高校時代に岩波文庫の『笑い』ってのを手に取っただけで、主著にあたるようなものはぜんぜん読んでいない。
ちょっと前に(年寄りの言う「ちょっと前」ってのは10年前でもちょっと前ですからね)、竹内信夫さんがベルクソンの新訳をどんどん出されると知った時に、この機会に読んでみようかなと思っていたのだけれど、未だ入手もできておらず。
主著にあたる前にこの概説本でお勉強しておこうかな、と。

P・ヒューズ/G・ブレヒト『パラドクスの匣』(柳瀬尚紀訳)
パラドクスの実例がズラズラ出てくるばっかりの本。バカバカしくて楽しい本。さすが柳瀬尚紀さん。アマゾンの値段は高すぎだと思います。うちは良心的なお値段で。いくらかは確認しに来て下さい。

たにまち月いち古書即売会は、大阪古書会館にて、2月17日(金)から。

水の都の古本展は、大阪市中央公会堂にて、2月21日(火)から。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村