文芸同人誌展示即売会@天満天神さん、参加サークル様ご紹介(2)

【ドジョウ街道宿場町】


『無名の一次創作文芸個人サークルが1年間で500部頒布する方法。』(1,000円)
『自転車で関東一周してみた。』(700円)
『いきとしいけるもの』(800円)
『過去からの脱却』(500円)
『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~』シリーズ(1,000円〜1,500円)

ツイッター:@johgasaki
アマゾン:https://www.amazon.co.jp/dp/B07B63ZH7X/

本格的な活動開始から2年足らずで、手売り販売1000部を突破した、旅する個人サークルです。
青春小説からファンタジックノベル、エッセイまで、幅広い文芸作品を手掛けております。
日本全国の同人誌即売会に参加しながら、自身の作品を広めております。

【庭鳥草紙】


twitter @niwatoring

1冊目「明日香風、吹く」400円
万葉集の和歌から着想を得た歴史創作小説短編集。
元明天皇の晩年の回想と、譲位への決意を描く表題作の他、高市皇子の死と挽歌にまつわる「埴安の池で」を収録。

2冊目「海に流れる」400円
万葉集の和歌から着想を得た歴史創作小説短編集。「明日香風、吹く」の姉妹作品。
平城京への遷都直前、古里を離れる哀しみを語る表題作の他、有間皇子の和歌にまつわる「遠く離れて大和をおもう」など収録。

3冊目「化狸浪華賑」600円
江戸時代の大阪、道頓堀を舞台にした歴史創作小説短編集。当サークルのイチオシ作品。
道頓堀の芝右衛門狸伝説から着想を得た表題作の他、近松門左衛門が「曽根崎心中」を執筆に至る「白い脚」など人形浄瑠璃にまつわる短編を収録。

4冊目「すあま色イロ食べ比べ」200円
東日本にしか無い!?と言われる和菓子「すあま」。その、すあまを食べ比べ一言コメントした食べ比べ本。

5冊目「フルーティアふくしまに乗って会津若松へ」300円
福島県郡山駅から会津若松駅までを走る「フルーティアふくしま」は、乗車中に福島産フルーツをふんだんに使ったスイーツを食べる観光列車。
そのフルーティアに乗車と、会津若松観光の旅行記。

【へにゃらぽっちぽー】


へにゃらぽっちぽーと申します。こんにちはこんにちは。
へにゃらぽっちぽー兄さん、へにゃぽちゃん、そのほかのひとたちがうきうきとわくわくとすごしている短編小説を書いております。
「ぽ」300円
「ぽぽ」200円
「ぽぽぽ」300円
以上の三冊を委託しています。
どの本、どの短編から読んでも問題ありませんので、見本誌の目次を開いていただいて気になったお話をためしに読んでいただければ幸いです。
https://twitter.com/Henyarapottipo も、よかったらごらんくださいな。そちらに各巻目次の写真もあげておきます。
おきがるに読んでみてくださいな。ぽぽぽー!

星座盤


初めまして。文芸同人誌『星座盤』です。
大阪文学学校を縁とした女性10名で活動しています。
今回は、最新刊となる12号を委託させていただきます!
純文学をメインとした小説7編(恋愛もの、幻想譚、人情劇、シリアスな世界の物語から身近な人間関係のドロドロまで幅広く)
掌編小説3編(テーマは「階段」)
こちらに詩2編、読書日記まで収録のバラエティに富むラインナップで頒価はなんと500円!大変お買い得と自負しております(笑)
よろしければ、あなたの本棚に1冊、仲間入りさせてやってください。
ご感想などのご連絡はツイッター(@seizaban_bungei)まで。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です