常時一冊だけ百円コーナー in もりのみやの古本展

もりのみやの古本展の寸心堂書店ブースにて、「常時一冊だけ百円コーナー」というのを設けます。

下のような説明書きのプレートのすぐ手前に、本を一冊平置きします。その本は百円です。

Sunshindo100m

このコーナーのルールは、上の図に書いてある通りですが、以下もう少し詳しく説明いたします。

■ ルール

(1)そこには一冊だけ平置きされていて、そしてその本は百円です。

(2)その本が売れると、別の本が補充されます。そして、もちろんその本も百円です。

(3)今現在そこにある本が売れない限り、次の本は出てこないですし、次に何の本が出てくるかは分かりません。出てきてからのお楽しみです。

(4-a)新しい本が並ぶと、その本の書影を撮影して、「只今の百円本。n冊目。著者『書名』(出版社など)。 #百円本実況」といった形式で、ツイッターにてツイートいたします。

(4-b)ツイッターで見て、その本が百円なら欲しいなと思った方は、リプライいただければ取り置きいたします。引き渡しの方法は、個別に相談に応じます。会期中に取りに来て頂けるのが一番嬉しいですが。

(5)基本的に、寸心堂店主がオススメな本を置きます。オススメにも二つのパターンがあって、内容がすごくオススメ(店主が好きな本)の場合と、この本が百円で買えたらすごいお得!という場合と。

 

 最低限のルールは、上に書いたので全部です。

 他に、本が出てくる順番はあらかじめ決まっているということや、全部で30冊しか用意していないといった、裏事情もあります。

 僕の見立てでは、30冊全部売れることはないと思ってます。

 もし、30冊全部捌けるようなことがあれば、何かお客様に喜んでもらえそうなサプライズを考えておきます。

 

 それでは、もりのみやの古本展をよろしくお願いします。

 もりのみやの古本展の詳細は、コチラに→今週のお知らせ:4月25日(月)〜5月1日(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です