古本屋日誌:11月30日(月)〜12月6日(日)

DSC01043

 古書組合年一度の野球大会に参加。
 今年は兵庫組合の主催で、 尼崎のベイコム野球場で試合をしました。
 ほとんどの参加者が年に一回しかグローブをはめないというザ・草野球集団なのに、やたらと立派な球場を貸し切るのが恒例です。かつてはドームを貸し切ったり、電光掲示板を使ったりもしたそうで。
 参加チームは京都と兵庫と大阪で、今年は京都が2連勝で優勝でした。しかも2連続コールド勝ち。向こうしばらく京都が勝ち続けると思います。チーム力が圧倒的なので。

 野球のあとは親睦会。

 堺の実家の方へ。
 なかもずと光明池の天牛堺書店でお買い物。
 ウィトゲンシュタイン『『論考』『青色本』読解』 やピエール・ルイス『紅殻絵』など購入。
 3000円均一ではさすがにいい本がいっぱいあったけれど、高いのでほとんど手が出ませんでした。

 堺から交野へ戻る。
 なかもずと天下茶屋の天牛堺書店でお買い物。
 何を買ったかメモらなかったので失念しました。

 書斎のデスクトップのWindowsを8から10にアップグレードした。アップグレードしてよかったのかなぁ。

 北東北書会で今市へ。この日は電車で。電車のお伴はポー『黒猫/モルグ街の殺人』(光文社古典新訳文庫)。
 この日の市では、まーぶる書房さんがたくさん出品してくれて、なかなか賑わいました。

 まーぶるさんは、これからも何回かに分けて多めの荷物を出してくれるそうです。ふだん北東北書会に来ていない方も、まーぶるさんの出品がある日にでも覗きに来ませんか?

 市のあと京阪電車で渡辺橋へ寄り、パリアッシュというパン屋さんで、予約していたシュトーレンを受け取ってくる。

 しかし、千林から大江橋までは電車賃210円なのに、一駅先の渡辺橋までは330円だというのには驚きました。大江橋から歩こうかと思ったけれど、次の予定があったのでこの日は時間を優先しました。
 暇な時は歩いてやるー。

 組合へ。
 3階に置いたままの荷物をある程度片付けに。
 次の市への出品を作ったり、持って帰る荷物を整理したり。

 全大阪古書ブックフェアに向けて、本の準備を始める。

 全大阪古書ブックフェアは12月18日(金)からです。また告知しますが、よろしくお願いします。
 さらにその後は、阪神百貨店でも催事がありますので、そちらもよろしくお願いします。 

 オフ。
 京都は北山のサーカスコーヒーさんに行ったり、みよいビルの「いまどきのブックフェア」を覗いたり。 
 してきました。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です