古本屋日誌:1月4日(月)〜10日(日)

「水の都の古本展」の目録のための本を用意する。
 なんとか数は用意したけれども、「目録に載せるような本なの?」と同業者につっこまれそうなものばかり。
 目録はもう、敗北宣言です。赤字確実。

 車で組合へ。
 翌日の豊書会のための出品を準備するためと、年末の阪神での即売会の荷物が帰ってくるのを引き取りに。
 朝一から15時くらいまで組合で作業を。
 帰り際、杉本梁江堂さんが車から降ろしている荷物の中に、すごい欲しい本の束を見つける。

 この日は帰った後も寝るまでお仕事。
「水の都の古本展」の目録のデータ入力作業。

 新年初市。豊書会と日南会の合同市。組合へ。
 前日に見た、「すごい欲しい本の束」は、この日の市には出ていなかった。この日は、「アレにいくら出せるか」という計算ばかりしていたので、他の出品を見るのに力が入らず。

 杉本さんに、前日搬入していた荷物はいつ出品されますかと直接聞いてみたところ、僕が欲しいのだけまとめて、今度の新興会に出してあげるよ、ということに。杉本さん、いいひと。

 その件が済んだところで、早めに組合を後にして梅田に出た。
 茶屋町の方のジュンク堂を覗く。わりと久しぶり。ちくま文庫のスペンサーの『妖精の女王』が全4巻並んでいるのを発見。しかし、うちに無いのは何巻だったか思い出せずスルー。

 かっぱ横丁に寄ってみたら古本屋は休みだった。組合で誰かに聞いておけばよかった。
 そこから歩いて天満の方へ。天神橋筋商店街を北からずるずる古本屋をハシゴしながら南下。最後は矢野書房天満橋店へ。
  はまおさんに新年のご挨拶のあと、しばらく雑談。18時半頃においとま。

 北東北書会の初市。
 組合に寄って荷物を積んだりやなんかしてから、今市会館へ。

 北東北書会の新年初市は、お客さん皆さんにお弁当が振る舞われます。食後のコーヒーも振る舞われます。貧乏所帯のわりに太っ腹です。素敵。
 初市から荷物もたくさん集まって、大変賑わいました。

 北東北書会の同人の皆様、ならびにお客様の皆様、今年一年どうぞよろしくお願いします。

 朝からせっせと「水の都の古本展」の目録原稿を作る。この日が締切日。
 なんとかお昼過ぎに仕上げて、デザイナー様にメールを送る。
 おそらく、非常にやっかいなデータを送ったので、「なんだったら自分でやりますから投げ返して頂いてもいいです!」というメールを送ったところ、「大丈夫です、やります!」と言って頂けた。ありがとうございます。

 どんな風にやっかいかは、出来上がった目録を見ると一目瞭然と思います。
「水の都の古本展」の目録が欲しい方は、メールでもお問い合わせフォームからでもツイッターででも、ご連絡ください。

 互礼会と言って、大阪古書組合の組合員が集まっての、毎年恒例の新年会の日。
 17時から19時まで、天満橋OMMビルの東天紅という中華料理屋さんにて。
 お腹空かして行ったつもりだったけれど、途中でお腹いっぱいに。美味しかったので、もっと食べたかったのに。残念。

 互礼会では、北東北書会代表で新年の挨拶をば。
 あらかじめ何をどういう順序で話そうとけっこう考えていたのだけれど、実際話し始めると合いの手が(主に厚生さんから)入って、それに対応しているとどんどんグズグスに。結局考えていたこととぜんぜん違うこと話してました。反省。

 基本オフ。
 ずっと忙しくて部屋が散らかったままになっていたので、ちょっとだけ片付けなど。

 天気がよかったので、ぶらっと郡津まで散歩。

 郡津駅前の公園の一部が工事中みたいになっていて、覗いて見ると前方後円墳みたいな盛り土がしてあるから、遺跡でも発掘されたの!?と興奮してたら、「汚水貯留槽設置工事中」だって。がっくり。

 郡津界隈にはめったに来ないので、せっかくだからと郡津駅前のケーキ屋さんラ・キャリエール・プイプイさんでケーキでも買って帰ろうと思いお店に近づいてみると、「配達中のため一時お休み」だって。なんたるタイミング。

 というような一週間でございました。 

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です