ツギハギ荘古本市

「今週のお知らせ」でお知らせしたとおり、9月24日土曜日は、大阪天満宮の近くのツギハギ荘というところで、出張古本販売いたします。

寸心堂は、一箱古本市スタイルの出店です。

img_3642

こんな感じ。

寸心堂の店主がずっと対面販売できたらいいんですが、翌月曜日の組合の市の準備のため、10時から13時くらいまでは抜けなくてはなりません。それ以外の時間には居てますが、居てもシャイなので、お客さんに声かけたりできないと思います。

お客さんの方から、どうぞグイグイ来てください。

10月の天神さんの古本まつりから配り始めようと思っていた、ショップカード兼しおりのプロトタイプを作りましたので、9月24日から配り始めます。どうぞお持ち帰り下さい。

img_3658

今回のツギハギ荘で持って行く本の一覧を以下にあげておきます。一箱古本市スタイルなので、ほぼこれですべて、というくらいの分量です。

行けないけど、欲しい本を見つけたとかいう方は、メールやツイッターでお伝えくだされば、値段をお知らせしたうえで、お取り置きなどいたしますので、お気軽にご相談下さい。

それでは、ツギハギ荘でお待ちしております。よろしくお願いします。

■ 落語

古今亭志ん生『志ん生郭ばなし』
古今亭志ん生『志ん生人情ばなし』
古今亭志ん生『志ん生艶ばなし』
古今亭志ん生『志ん生長屋ばなし』
古今亭志ん生『びんぼう自慢』

■ 漫画

ダニエル・クロウズ『CARICATURE 日本語版』
ダニエル・クロウズ『ザ・デス・レイ』
田河水泡『のらくろ漫画大全』
岡崎京子『恋とはどういうものかしら?』
浦沢直樹『キートン動物記』
高野文子『ドミトリーともきんす』

■ 翻訳小説

ゲーテ『若きウェルテルの悩み』
ジェイン・オースティン『高慢と偏見(上)』
ジェイン・オースティン『高慢と偏見(下)』
スティーヴンスン『新アラビア夜話』
スティーヴンソン『ジキルとハイド』
バルザック『ポケットマスターピース03 バルザック』
ユゴー『海に働く人々(上・下巻セット)』
フローベール『ボヴァリー夫人』
モーパッサン『ピエールとジャン』
ピエール・ルイス『女と人形』
ストウ夫人『アンクル・トムの小屋(上・下巻セット)』
ジョイス『ダブリンの市民』
エーリヒ・ケストナー『エーミールと探偵たち』
サリンジャー『若者たち』
サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
ニール・サイモン『ニール・サイモン(1)おかしな二人』
レイ・ブラッドベリ『よろこびの機械』
エイモス・チュツオーラ『ブッシュ・オブ・ゴースツ』
ジョン・ファウルズ『魔術師(上・下巻セット)』
スチュアート・ダイベック『シカゴ育ち』
ジャン=フィリップ・トゥーサン『浴室』
ジャン=フィリップ・トゥーサン『ムッシュー』
ジャン=フィリップ・トゥーサン『カメラ』
タブッキ『レクイエム』
コリン・ウィルソン『宇宙ヴァンパイアー』
ローズマリー・サトクリフ『ケルトの白馬/蹴るととローマの息子』
トマス・ブルフィンチ『シャルルマーニュ伝説―中世の騎士ロマンス』
クリスチアナ・ブランド『薔薇の輪』

■ 日本の小説

夏目漱石『吾輩ハ猫デアル(上・中・下巻セット)』
武者小路実篤『友情・初恋』
大江健三郎『大江健三郎自選短篇』
高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』
青柳友子『黒魔術の少女』
田中芳樹『マヴァール年代記』
奥泉光『『吾輩は猫である』殺人事件』
円城塔『道化師の蝶』

■ エッセイ・日記

大友茫人『徒然草・方丈記—日本古典は面白い』
西田幾多郎『寸心日記』
福原麟太郎『人生十二の知恵』
田中小実昌『田中小実昌エッセイ・コレクション〈5〉コトバ』
橋本治『橋本治という行き方 WHAT WAY TO GO!』
荒川洋治『文芸時評という感想』
堀江敏幸『振り子で言葉を探るように』
ドミニック・ノゲーズ『人生を完全にダメにするための11のレッスン』
デヴィッド・L.ユーリン『それでも、読書をやめない理由』

■ 文学評論・ブックガイド

サント・ブーヴ『月曜閑談』
ブリュノ・ヴィアール『100語でわかるロマン主義』
アラン・パジェス『フランス自然主義文学』
エリオット・エンゲル『世界でいちばん面白い英米文学講義』
ジョン・サザーランド『ヒースクリフは殺人犯か?—19世紀小説の34の謎』
ヴァレリー『ヴァレリー文学論』
ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフの文学講義(上)』
ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフの文学講義(下)』
Jean-Philippe Toussant『L’URGENCE ET LA PATIENCE』
安酸敏眞『人文学概論—新しい人文学の地平を求めて』
平野敬一『マザー・グースの唄 イギリス伝承童謡』
鷲津名都江『ようこそ「マザーグース」の世界へ』
大東和重『文学の誕生—藤村から漱石へ』
小谷野敦『現代文学論争』
山下昇『二〇世紀アメリカ文学を学ぶ人のために』
越川芳明『アメリカの彼方へ—ピンチョン以降の現代アメリカ文学』
風間賢二『ダンスする文学—いま読める小説ガイドの最先端』
篠沢秀夫『フランス文学の楽しみ—その歴史と風土を訪ねて』
山内昶『ジッドの秘められた愛と性』
工藤庸子『フランス恋愛小説論』
中村真一郎『小説の方法—私と「二十世紀小説」—』
高橋源一郎『ぼくがしまうま語をしゃべった頃』
小谷真理『ファンタジーの冒険』
香内三郎『ベストセラーの読まれ方』

■ その他

杜甫『杜詩 第7冊』
唯円『歎異抄』
内田ユキオ『ライカとモノクロの日々』
池田葉子『マイ・フォト・デイズ』
野矢茂樹『無限論の教室』
永井均『〈子ども〉のための哲学』
永井均『子どものための哲学対話』
エドムント・フッサール『ブリタニカ草稿[現象学入門]』
新田義弘『現象学』
内田樹『レヴィナスと愛の現象学』
Emmanuel Levinas『Entre nous – Essais sur le penser-à-l’autre』
内田樹『映画の構造分析』
岡田暁生『音楽の聴き方』
上田閑照『西田幾多郎とは誰か』
テリー・フィリップ『ウェイレスの大魔術師』
S.ジャクソン『宇宙の暗殺者―アドベンチャーゲームブック』
Comtesse de Ségur『Les malheurs de Sophie (ソフィーのいたずら)』
Hibixi Mio(未生響)『acrostic cigarettes song』
毎日新聞社『芥川龍之介/生誕百年、そして今』

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です