たにまち月いち古書即売会:2017年2月


2月17日(金)から三日間、大阪古書会館にて、「たにまち月いち古書即売会」です。

写真は前日搬入の時の寸心堂の棚の様子です。

本を準備している時は、「まあまあいい本を用意できてるんじゃない!?」と気持ちが高揚するんですが、いざ実際に並べてみると、いつも自信喪失して、ぜんぜん売れないような気がしてきます。

始まってみると、いつもだいたい、ぜんぜん売れないというほどのことはなくてほっとするんですが、即売会は何度やっても、並べてから初日が終わるくらいまでは、「ぜんぜん駄目だったらどうしよう……」という不安な気持ちで過ごしております。

今回は搬入の日、いろいろ忘れ物をしてしまって、搬入日の段階では並べが完了してません。

本を面出しする本立てを忘れてます。

あと、告知をしていた本を持ち込むのも忘れてしまっております。岩波少年文庫のやつです。初日朝開店前に持ち込むつもりですが……。遅刻したら、ごめんなさい。

今回は「即売会準備中:○○」という記事を書いて、いくつかの本を紹介してきました。以下、それらの記事の一覧です。今後も即売会前にはやっていきたいと思ってます。

大友克洋『童夢』

ピエール・バイヤール『アクロイドを殺したのはだれか』

神西清『堀辰雄文学の魅力』他9冊

集英社ギャラリー・世界の文学

岩波少年文庫創刊40年記念特装版

ハイデガー選集なんていうのもあります。

『存在と時間』に何度挑戦しても途中で挫折してしまう方(私です)、ハイデガー選集中の薄めのやつから読んでみるのはいかがでしょうか。

写真の棚の裏側にも売台一台ありまして、文庫木箱9箱分と、平台はだいたい300円の本が並んでます。あと、足下にも本が並んでまして、それらもだいたい300円です。

たにまち月いち古書即売会は、2月19日(日)まで。僕は日曜の午前中がレジ当番です。

どうぞ皆様、よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です